現場でおそわったこと。

ひたすらアイドル、主にキスマイ・プリンス現場について回顧する。宮田くん、岸くん。

【ラブライバー宮田ソロ曲】ヲタクアイドル宮田とジャニヲタの融合がカオスで楽しくて何故か泣けた

※この記事は、Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2016 I SCREAMの多大なネタバレを含みます※

2016/07大阪京セラドームにて開催された、キスマイのコンサートに行ってきました!

今回のコンサートは挑戦的な面がたくさんあって、その一つがメンバー全員のソロ。その中でも、宮田くんのソロがカオスで楽しくて、ジャニーズ感まるで無いかと思いきやちゃんとエンタメしてて素晴らしかったので、感想を書こうと思います。あんな曲なのに何故か泣けちゃった理由も、ちょろっと書き添えております。

すっごくたのしかったよ!!!

 

 f:id:myy_moage:20160707015910j:image

 

●宮田ソロがどんな曲か

まず宮田くんのソロがどんな曲かについて書いて置かなければなりません。が、こんなブログを読んでいる方には説明不要かもですね!

宮田くんのソロ曲「ヲタクだったって It’s Alright!」のテーマは「ヲタクの日常と恋」。

宮田くんのアニヲタという個性を存分に打ち出した曲となっており、作詞作曲はあの前山田健一、通称ヒャダイン

「ヲタクあるある」が歌詞にたくさん登場するので、ドルヲタ以前に全方位向けのヲタである私的にも「あ〜、あるわ〜」って思わせてくれる曲です。

 

アニメリアタイして寝不足も、クレジットガン見も、モブキャラに大物声優も・・・、ヲタク感ありすぎて、さすがにこんな曲をソロで歌ったジャニーズは宮田くんだけではないでしょうか。まぁ私としては、宮田さんの過去の発言である、「ジャンプ読まないんだったら日本出てけよ」「僕はハンターハンターを読むために生まれてきた」「ラブライブ!は生きる糧」とかのキャッチーすぎる名言を見てきているので、まだまだ!!もっとキレ味のするどい宮田俊哉くれよ!!!!!って感じもありつつだったのですが…。

とはいっても、ヒャダインはドロドロ根深いものをポップに仕上げる天才だと思っているので、一般層(とくに、アニメに触れたことが無いアイドルファンの女の子たち)にめいっぱい「ヲタクアイドル宮田俊哉」をわかってもらう為の、最良の一手を打ってきたんだな…という印象です。

 

とまぁ宮田ソロ曲についてはこんなイメージだったのですが、コンサートに参加して、この曲の本来の良さがやっとこさわかった気がします。ヒャダイン氏ごめん、やっぱりあなた天才だよ!!という事で、次項ではコンサートで何がそんなに楽しかったのかを語っていきたいと思います。

f:id:myy_moage:20160707015114j:image

●コンサートで宮田ソロが楽しかった理由

①全力でコールができる!

誰が想像したでしょうか?ジャニーズのコンサートで全力であ~~~よっしゃいくぞー!する日がくることを…。誰が想像したでしょうか、5万5千人のジャニヲタ女子たちが全力で神降臨!!///萌え萌えキュン☆///する日が来ることを…!!!PPPHとかさ、ジャニーズのコンサートで許される?いや許されたよね。ヒャダイン曲だからこれまたコールが入れやすいんだ!ちゃんとコールありきで曲を作ってくれてるのさすがすぎる!

正直私、初日はコールうろ覚えかと思ったのですが、もうね、自然と口から出てましたね。全然覚えてた!これも日々の宮田ガールズとしての鍛錬のたまものでしょうか…?

宮田ガールズでもないし、私覚えてない!イッケネ!という方も安心。ちゃんとメインステージ上部にコールが表示されるので、それを見ながらいいましょう。大丈夫、間違えてもだれも気付かない。かくいう私も、ももクロちゃんのOverture(あ、これもヒャダインだ)並みに声出しておいおいしてるので、隣の声なんて聞こえてません。みんなで声出していきましょ!自分の声であんまり聞いてないけど、ドームの8割強はしっかり声出してたと思います!!たぶんね!!

f:id:myy_moage:20160707014758j:image

 

②全力で振りコピができる!

振りコピ厨(※私)にとってはたまらない楽しいところが、全力で振りコピできるところ。といっても、全部振りコピするともうそれはスノーマンになってしまうので、ポイントでマネしましょう!絶対やりたい振りコピポイントは、主に4つ。

1.レフレフライライレフライレフレフ!ライライレフレフライレフライライ

変な呪文じゃないです。ヲタ芸です。左から始まりますので、それだけ注意!あとはなんかもうニュアンスです。全力でやりましょう!ちなみに今回のペンラ、ものすごくでかいし持ちづらいので、しっかりヒモは手首に通しておきましょう。持ち手がアイスクリームのコーンのカタチになってるあれ、手汗ひどいひと絶対すべるし危険だよね…。宮千あたり、絶対つるっと滑って前の人の頭殴打しちゃいそう。あと全力といっても、ほんとに全力でやると周りの方に迷惑なのでその辺りは心得てかわいらしさも残しておきましょう。

2.萌え萌えキュン☆(キュン☆)

ファンが言うのは(キュン☆)の部分ですが、萌え萌えキュン☆部分は振りコピするチャンスです!とりあえずぶりっこして首を傾げましょう。あとはなんかもうニュアンスです。これはわりとタイミングが難しいので(私だけ…?)、振りコピのしがいがありますよね。いつも双眼鏡をのぞいてるあなたも、としくんは女子のかわいい(キュン☆)を待っていると思うのでやってあげましょうね!!

f:id:myy_moage:20160707015217j:image

3.ヲタクだったって It’s Alright!はい!

サビ終わりのここは一番のキメポイント!!絶対外したくないポイントなのですが、正直なところ私は一回も成功できてません!!!難しくない?としくん、ここ難しくない…?難しいので、とりあえず親指で自分指して「はい!!!」だけ大きい声で言いましょう。「はい!!!」だけ言えれば全力感が出るんで大丈夫です。すべてはニュアンスです。

4.「ヲタクってだけで~やっぱ言えねーっす(>_<)」

ハイキタコレ!!!!ミヤのセリフキタ!!!!

宮田くんのセリフ中は、とにかく宮田俊哉に膝まづき、崇め、奉ります(某テニス漫画的な感じです)。宮田くんに精錬潔白な心をささげるつもりで手を前伸ばしましょう。UO(=ウルトラオレンジというサイリウム)を持ったジュニアのマネをすればOKです。これが通称ケチャ。なんかヲタクまるだしではずかしい><という方もいるかもしれませんが大丈夫!わざわざドームツアーに足を運んでいる時点であなたも立派なヲタクです。ヲタクは黙ってとりあえずケチャりましょう。

こんな感じで振りコピのタイミングは完璧ですね!たぶんね!

f:id:myy_moage:20160707015422j:image 

③クオリティの高い茶番(小芝居)が楽しい

振りコピにアツくなってしまいましたがこのへんにしておきます。前曲であるみつソロしっとりバラードの余韻をぶち壊しにする茶番(小芝居)も、とっても楽しいものになっています。

今回のキスマイコンはスピード感重視のため、前年までの定番となっていた大喜利コーナーがなくなっています。そのため、MC一か所とこの宮田ソロが良い力の抜きどころになってるんですよねー。

茶番とは言ってますが、こういうガス抜きみたいなことができる宮田くんがグループに一人いるのは大きいな、と思ってます。みんなかっこいいだけじゃ飽きちゃうしね!かっこいいけどね!! 

この台本も宮田くんが書いてると思うので、それもまた愛おしい…。好きすぎて張り裂けそうです。

 

④ジュニアの活躍が見れる!

この曲で外せないのがジュニアくんたちの活躍。登場時、宮田くんは「親友」であるスノーマンの佐久間くん(さっくん・にこ推し)と阿部くん(あべちゃん・気象予報士兼ガリ勉)を伴ってくるのですが、もうそれだけでテンション上がるよね…!京セラでは関西ジャニーズジュニアくんたちの大喜利での活躍もあったし、バックについてくれたジュニアくんがどういう子なのかを知れるきっかけにもなりました。自分のソロ曲の中でジュニアの見せ場も作ってくれるなんて宮田くん超素敵。さっくんをはじめ、ジュニアも超楽しそうなので、キスマイファンならずともジュニアファンも注目です!

 f:id:myy_moage:20160707015311j:image

⑤メンバーの活躍だって見れる!

サプライズの演出として曲中に登場するのが、横尾藤ヶ谷のわたたいコンビと、チビいじりされがちな愛おしい最年長北山さん、そして宮田くんのパートナー♡(決して私の脳内設定ではない) 玉ちゃん。そろって宮Tを着てくるんだけど、それが四者四様でかわいいのなんの…!このコンサート一番の盛り上がりといっても過言ではないポイントです。

とくにね、玉ちゃんは「ヲタ芸なんて絶対やんねーよ」スタンスで登場するんだけど、結局一番動きが激しいというwwいやほんとに、宮玉は需要をわかってる!ファンが盛り上がるポイントを押さえてくれてます。

今回メンバー全員のソロ曲がある中で、こんなに他のメンバーが登場するのはこの曲しかないんだけど、それも宮田くんのサービス精神のたまものかと思っています。正直、ソロだし宮田くん一人でもいいのでは…?それでも十分盛り上がるし!と思うところもあったんだけど、結局メンバーが登場することでコンサート中一番の盛り上がりを見せたわけだし、「自分の楽しさ」じゃなくて、「ファンの楽しさ」を優先したことが彼らしいなぁと思います。

メンバーもジュニアもファンも、ドーム全体が一つになってヲタ芸する…。こんな素晴らしいことを、ジャニーズのコンサートで経験できるなんて思いもよりませんでした。55,000人のジャニヲタがヲタ芸するカオス空間、それが今回のキスマイコンサートです!!!!(過言ではない)

 

●コンサートにて、宮田ソロがなんでか泣けた理由

 つらつらと楽しいポイントを語ってきましたが、今回の、宮田くんの初めてのソロ曲「ヲタクだったって It's Alright!」は確実に「ファン」ありきの曲です。自分の世界観を見せつけるだけでは完結しなくて、ファンも一緒に楽しむ!それって、実はとても難しいことではないかと思います。

私自身、ジャニーズのコンサートに慣れないときはそれまで経験してきたライブと雰囲気がまるで違って、戸惑いもありました。いい意味で自由だから、野鳥の会してようがファンサ厨になろうがそれはその人の楽しみ方だし、ファンはほとんどが女の子だからそこまで激しくコールしたり、振りコピしたりもないし。

そんな中でこの曲をやるのは、かなりハードルが高かったんじゃないか、と思ったのは初日、この曲をやる前に宮田くんが隠そうともせず「緊張してます」と言った時。

こうしたら、こう返してくれる!!そんな確証がない中こんなに振り切った曲をやって、大丈夫なんだろうか。ファンはちゃんと返してくれるだろうか。そんな不安があったんじゃないか、とその時私も初めて気が付いたんですよね。

でも結局、宮田くんは想像したよりももっと楽しいものを提供してくれたし、ファンもそれに応えて盛り上がったし、この曲にはライブのいいところ全部つまってるじゃん!!って手放しに喜べました。

みんなでコールして、振りコピして、面白いこともやって、ジュニアの見せ場も作って、メンバーも連れてきてとにかく楽しいことに終始して。それって全部ファンのためですよ。そりゃ、ありがとって思いますよ。はるばる大阪まで遠征した熱量が報われたなって思いますよ!

それでも、初日の緊張した顔、そしてファンからの歓声が大きくて嬉し泣きしそうだった宮田くんの顔は、忘れられないと思います。

もうほんとに…楽しかったけど、楽しいだけじゃなくてファン的にはもう涙流すくらいうれしかったです。

まだまだドームツアーは続くし、宮田ソロを聴ける機会もあるので、私も毎回全力で楽しみたいと思います。宮田くんファンも、他のメンバーのファンも、ジュニアのファンも、みんなで楽しめたらいいな、と強く思います。

宮田くん、今後もヲタクアイドル貫いてね!!まだまだ私たちを楽しませてください!萌え萌えキュン☆!らぶ!ではでは!

f:id:myy_moage:20160707015609j:image